Event is FINISHED

国際シンポジウム「認知症高齢者にやさしいまちづくり~その実践と、アートを活用した支援にみる可能性~」/Symposium: Building a City Friendly to the Elderly with Dementia -Actual practices and possibilities of support using art

Description

[English follows Japanese]
第46回国際福祉機器展H.C.R. 2019にあわせて開催するイベントです。
※本イベントへの参加には、「H.C.R. 2019入場登録 受付番号」あるいは「11桁のIDが記載された招待ハガキ」が必要です。
 いずれもお持ちでない方は、[チケットを申し込む]ボタンから進む前に、
https://www.hcr.or.jp/registration/personalからお手続きのうえ、受付番号を取得してください。

【日英同時通訳・手話通訳あり】
テーマ:「認知症高齢者にやさしいまちづくり~その実践と、アートを活用した支援にみる可能性~」

<概要>認知症高齢者の尊厳を守り、生きがいを高めるため、特に芸術文化活動を通じて先駆的な支援をすすめている英国から講師を招き学びつつ、日本における支援とまちづくりのあり方について考察します。

・日 時:9月26日(木)13:00 - 16:00
・参加費:1,000円(税込) ※領収書についてキャンセルについて
・講 師:マリア・パーソンズ氏 (英国・Creative Dementia Arts Network理事)
     杉山 美香氏(東京都健康長寿医療センター研究所研究員)
・チューター:
     塚田 典子氏(日本大学商学部教授、(一財)保健福祉広報協会理事)
     
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
*Please pre-register for H.C.R. 2019 exhibition from the URL below before getting ticket.
https://www.hcr.or.jp/registration/personal

<Syposium OUTLINE>
・Theme:
Building a City Friendly to the Elderly with Dementia-Actual practices and possibilities of support using art
Date: Thursday, September 26, 2019, 1:00pm - 4:00pm
Participation Fee: JPY1,000. (including tax)
 *How to access your receipt / How to cancel
Speakers: Maria Pasiecznik Parsons, Chief Executive, Creative Dementia Arts Network, UK
Mika SUGIYAMA, Researcher, Tokyo Metropolitan Geriatric Hospital and Institute of Gerontology, Japan
Tutor: Noriko TSUKADA, Professor, Nihon University, Japan
Language: Jap/Eng (Simultaneous interpretation) Jap/Jap (Sign language interpretation)
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#473283 2019-09-17 03:15:55
More updates
Thu Sep 26, 2019
1:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京ビッグサイト西3ホール特設会場E1
Tickets
参加費/ Participation fee SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
東京都江東区有明3-11-1 Japan
Organizer
H.C.R. 国際シンポジウム/H.C.R. International Symposium
145 Followers